ホーム > 業界ニュース

人工知能は2019年にどのような期待をもたらすでしょうか?

ビュー : 315
更新時間 : 2019-06-25 20:08:00
今日、 人工知能技術は人々の日常生活に浸透していますが、これは多くの人々が考えるほどひどいものではありません。人工知能を通して、人々は物事が良くなっているのを見てきました、しかしこの変化は家に止まりません。今日、多くの企業は、顧客を引き付け、売上を伸ばし、ビジネスプロセスを合理化するために、さまざまな方法で人工知能を使用しています。要するに、人工知能開発サービスの需要は今後数年間で高くなるでしょう。

人々はFacebookが広告キャンペーンを改善し、効果的に人工知能チャットボットを使用するために人工知能を使用する方法を見ました。それでは次は何ですか?新年には、人々は人工知能からどのような成功を期待する必要がありますか?


2019年に は、次のような人工知能の傾向が見られます

より高度な人工知能アシスタント:

AmazonのAlexaAppleのSiriその他の人工知能デバイスの発売により、消費者は人工知能アシスタントのアプリケーションから恩恵を受けます。このような人工知能アシスタントは、天気予報の取得、曲の再生、室内照明の消灯、およびオンラインでの情報の検索などに使用できます。

新しい人工知能技術が消費者に受け入れられています。 Adobe Analyticsの調査によると、約71%のスマートスピーカーユーザーが少なくとも1日1回スマートスピーカーを使用し 、約44%のスマートスピーカーユーザーが1日に何度も使用していると述べています。したがって、2019年には、人々は家庭や職場でより高度なAIアシスタントを見て他の生活分野を助け、影響を与えることができるようになります。

人工知能を利用した採用ツール:
実際求人サイトの調査によると、 42%の企業が適切な人材を見つけることができるかどうかはわかりません 。企業にとって、採用プロセスは時間と労力を要する作業です。人工知能はこれを変えることができます。これは、2019年には、企業が人工知能技術の採用ツールを増やすことを意味します。

たとえば、Myaのようなチャットボットの採用担当者は、SMS、Eメール、またはSkypeを介して候補者と通信できます。アプリは、ジュニアタスクを完了するのに役立ち、ビジネスへの候補者の条件と資格を制限します。

人工知能ベースの候補者コミュニケーションおよびスクリーニングツールを使用することにより、企業や組織が候補者の選択により多くの時間を節約するのに役立ちます。


Kangdaは精密CNC機械加工部品、回転部品および製粉部品の経験豊富な金属サプライヤーです

金属サプライヤー、CNC機械加工部品、旋盤加工部品、フライス加工部品

Kangdaはあなたのサンプルまたは設計された製品にOEMサービスを提供できます

 
https://www.infignos.com/templates/updatelistingnow.cfm?email=ryanlee901213@gmail.comShenzhen Kangda Precision Manufacturing Co.,Ltd.,Machining Manufacturer,Shenzhen,FL