ホーム > 業界ニュース

人工知能が人間に与える影響

ビュー : 295
更新時間 : 2019-06-25 20:32:00
より良い仮想エージェントとセッションチャットボット:
近年、 チャットボットは、さまざまな種類のビジネスに対する顧客サービスの向上に取り組んでいます。そして2019年には、それは良くなるでしょう。人々はチャットボットがこれまで以上に高度で人間的であることを見ることができます。自然言語処理では、ロボットとの会話はオンラインエージェントと会話するのと同じように行われ、人々はチャットボットと簡単に会話することができます。他の会社は、カスタマーエクスペリエンスを向上させ、人工知能チャットボットをよりよくサポートするために、チャットボットをアニメーション化された仮想シートとして設定しました。

たとえば、 オートデスク Ava と呼ばれる仮想エージェントを開発 ました 。この仮想エージェントは人間のように見え、チェックアウトプロセスを完了し、質問に答え、内容を理解するように導き、そして感情的なシグナルに基づいてユーザーと対話するのを助けます。

時間の経過とともに、ますます多くの企業や小売業者が、仮想エージェントや会話型チャットボットを使用して、消費者に連絡を取り、サービスを介して問題を解決し、スタッフに渡す必要がなくなるでしょう。


転職:
人工知能は企業が効率を改善するのを助けるのに重要な役割を果たします。しかし同時に、人間の雇用機会も人工知能によって悪影響を受けます。企業がさまざまなプロセスを合理化するための人工知能を使用すると、人間の特定のポジションが取り消されます。人工知能の話では、今後数年間でスタッフを再訓練するプロセスが非常に重要になります。このプロセスは、これらの人々をよく理解し、より高いレベルの作業に備えるために、できるだけ早く開始する必要があります。

物流効率を向上させる:
ロボット、特にサプライチェーンでは、ますます多くのアプリケーションがあります。経営幹部は、ITを最適化し、コストを削減し、より良い方法でそれらを管理する方法を探しています。人工知能、ブロックチェーン、ロボット工学などの新しい技術を活用することによって、サプライチェーンは改善し進歩するためのより良い機会を得るでしょう。

Amazonはロボットをサプライチェーンに導入した企業の1つです。同社は、サプライチェーンの流れを変えるために、2012年にKiva Systemsを買収しました。長年にわたり、同社は25の流通センターに8万台のロボットを導入してきました。人工知能ロボットは作業効率を大幅に向上させ、コストを削減します。ロボット工学の適用により、Amazonは運用コストを20%削減し、 年間2200万ドルを節約しました。


顧客との対話とコミュニケーション:
職場での人工知能の導入は、顧客と積極的にコミュニケーションをとり、対話する企業を大いに助けます。人工知能アプリケーションおよびツールを使用して、企業の従業員と顧客の間の会話を文書化し、それらを将来の分析および参照用のフィードバックに使用できます。顧客の視点によると、企業幹部はより良い判断を簡単に下すことができます。

例えば、 コーラスと呼ばれるもの。 Aiの人工知能ベースのツールは、セッションの記録と保存を自動化し、営業担当者のパフォーマンスを測定するのに役立ちます。これは彼らがより良い販売プロセスを変え、効果的な対話に従事するのを助けます。


データ科学者は不足しているでしょう:
拡張現実やサイバーセキュリティなどの新興技術では、データが重要な役割を果たしています。したがって、人工知能の成長とともに、 データ科学者に対する市場の需要も高まっています。 IBMの見積もりによると、2020年までにデータ専門家の雇用数は270万人増えるという 。人工知能技術を介して大量のデータを処理する能力を持つ専門家は不足しているでしょう。 IBMは、データ専門家が最も空席で、上級アナリストやデータ科学者などの仕事が28%増加していると考えています。

医療の進歩:
人間と比較して、 医療分野における人工知能の役割は指数関数的な速度で成長しており、人工知能は人々が不可能であると考える多くのことを医学研究者に提供しています。医療分野における人工知能チャットロボット開発サービスの需要は今後数年間で成長するでしょう。

音声認識:
2018年、 AmazonのAlexaは消費者の間で人気がありました。それは消費者が家でたくさんのことをするのを助けて、オンラインで情報を検索することができます。人々はこれらの音声認識ツールをもっと見ることができるでしょう。 2019年までに、 約6,660万人のアメリカ人がさまざまな目的で音声認識技術を使用すると言われています。 LGやWhirlpoolなどの多くの家電製造会社は、Alexaの音声認識機能を使用してさまざまな機器を制御しています。多くの企業は、ビジネスの成功を達成するために新しい年にこの人工知能の傾向を利用するでしょう。

画像の識別:
人工知能を使用することによって、コンピュータは声を理解して対話することができ、そして今や画像は同じように扱われることができる。画像認識を通じて、異なる視覚的情報源から収集されたデータを処理し分析することができる。
 
Kangdaは精密CNC機械加工部品、回転部品および製粉部品の経験豊富な金属サプライヤーです

金属サプライヤー、CNC機械加工部品、旋盤加工部品、フライス加工部品

Kangdaはあなたのサンプルまたは設計された製品にOEMサービスを提供できます
https://www.infignos.com/templates/updatelistingnow.cfm?email=ryanlee901213@gmail.comShenzhen Kangda Precision Manufacturing Co.,Ltd.,Machining Manufacturer,Shenzhen,FL