ホーム > 会社のニュース

ねじ切り加工方法

ビュー : 86
更新時間 : 2019-10-08 11:11:17

ネジ加工はcnc加工センターの非常に重要な応用の一つであり、ネジの加工品質と効率は直接に部品の加工品質と加工センターの生産効率に影響する。

 

1.スクリューミル法

 

スクリューの特徴

 

ニップルフライス盤はニップルフライス盤刃物、加工センターの3軸連動、すなわちのx、y軸圆弧挿し次官補、z轴に直線のフライス盤方式に加工螺旋模様。

 

スクリューミルは主に大穴スクリュー及び難加工材料のスクリュー穴の加工に用いられる。主に以下の特徴がある。

 

(1)加工速度が速く、効率が高く、加工精度が高い。工具材料は一般的に硬質合金材料であり、走行速度が速い。刃物の製造精度が高いため、フライスの螺旋模様の精度が高い。

 

(2)フライス盤刃物の適用範囲が広い。、ピッチが同じであれば、左超えの螺旋模様であれ右前ニップル、均使用できる一に刃物を、刃物コストを削減に有利だ。

 

(3)フライス盤の加工は排屑、冷却しやすく、絹錐に対して切削状況が良く、特にアルミ、銅、ステンレスなどの難加工材料のネジ加工に適する、特に大型部品と貴重な材料の部品のネジ加工に適する、ネジ加工品質と工作物の安全を保証できる。

 

リミッタ刃物がない先端誘導、適用加工ニップル底孔の短い盲孔および退刀槽の穴はない。

 

2.スクリューカッターの分類

 

ニップルフライス盤刃物の二つに分けられる、一つは机式硬質合金刃エンドミルを挟んで、もう一つは整体式硬質合金エンドミル。机挟ん式の刃物適用範囲が広く、加工できる螺旋模様の深さが刃の長の孔よりも、よりも加工できる螺旋模様の深さが刃丈の穴がある。一体式硬質合金カッターは一般的に、ネジ深度がカッターの長さより小さい穴を加工する。

 

3.ネジフライスのデジタル制御プログラミング

 

(1) スクリューカッターのプログラミングは他のカッターのプログラミングと異なり、もし加工コンパイラが間違っていれば、カッターの破損やスクリューカッターの加工ミスを招きやすい。以下の点に留意すべきである。

 

(2) まず、ネジ穴を加工し、直径の小さい穴にドリルで加工し、大きい穴にボーリング削削加工を採用し、ネジ穴の精度を保証する。

 

(3) 运动刃物を踏み込み切って時を采圆弧轨迹、通常を1/2圏に踏み込みやを切って、同時に行進1/2ピッチべきz轴の方向、保証螺旋模様の形である。カッター半径補償値はこの時点に持ち込むべきである。

 

(4) X, Y軸円弧を1周間補間し,主軸がZ軸方向にピッチを1つ進むようにしなければ,ねじの乱雑さを招く。

 

リミッタを具体的に例の手続きはニップルエンドミル直径Φ16、螺旋模様の孔をm48×1.5はニップル孔深さ14。

 

加工手順は以下の通り。

 

G0 G90 G54 X0 Y0

 

G0 Z10 M3 S1400 M8

 

G0 z−14.75

 

G01 G41 x-16 Y0 F2000

 

G03 X24 Y0 z-14 I20 J0 F500

 

G03 X24 Y0 Z0 i-24 J0 F400

 

G03 x−16 y0 z0.75 i−20 J0 F500

 

G0 Z100

 

M30

https://www.infignos.com/templates/updatelistingnow.cfm?email=ryanlee901213@gmail.comShenzhen Kangda Precision Manufacturing Co.,Ltd.,Machining Manufacturer,Shenzhen,FL